2008年07月02日

F1カー

F1カー
近くの駐車場に車を止めたとき見慣れない光景が目に入り一寸見に行ってみました。
駐車場で危ないなーっと思いながらも、ウイクデーの客足は少なく端っこで遠慮っぽくやっておりまーいいかっ?
ラジコンカーをいじっていました、バッテリーで動くラジコンカーは見たことありますが、エンジンカーのようです。

どうもエンジンを掛けているようですが、トラブッているのかエンジンが掛かりません。
一寸声を掛けて訪ねると、○×○?エチルアルコールエンジン搭載のF1カーと言っています、
70ccで8分くらい走るようで、エンジン、車両の構造、ラジオコントロール、ダンパー・・・タイヤの話、コンテストets、
延々と話し始め、車のメカの話になると、畑違いで全く話がチンプンカンプンで理解できない。

好き者の習性と言っては失礼だが、自慢話を延々と聞かされ、聞いている方もたまらない、
声かけた手前、逃げ出したい気持ちを押さえながら、聞き役に回り、嫌々つきあいました。
相変わらず気が小さい自分にあきれながら、何とかタイミングを見計らって逃げ出してきました。

車体カバーを外したところ、
右下の帽子姿のシルエットが私、生顔のオジさんじゃ、サマにならず、おしかりを受けるのが落ちだけれど、
シルエットだったら許してもらえるかも?

タグ:F1カー
posted by ふれあいサロン館 at 08:13| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

イチゴ狩り・福岡ブランド 幸の香

イチゴ狩り・福岡ブランド幸の香

訪問したのは、イチゴ栽培農家で、イチゴ狩り農園を経営している、山口農園を尋ねました。
ここは、宗像市田野にある、いちご栽培団地の中の、山口農園、イチゴハウスが10棟くらい有ります、 とりわけ大きな規模で農園を経営しており、イチゴ狩りの観光農園も運営しております。
一年前に一度訪問させて戴いておりましたが、良く覚えてくれており快く取材を了承いただきました。

素人の私は、イチゴはてっきり地面に植わっている物と思っていましたが、現実は、大違い、ウッドチップの中で、 栽培されている栽培施設に、改めて驚かされ、ハウス栽培の一端を、覗かせて戴きました。
農家経営の、ニユースは、テレビラジオで耳にしていますが、農業実務、管理面では、私の知っている農業とは、ずいぶんかけ離れた、自動化、 省力化が、進んでいるものだと、感心させられます。

イチゴは、イチゴ栽培ベットと言われる、2段に作られた、栽培ベットに、植え付けられています。
イチゴの果実は、前面の、保護ネットの上で、陽が十分当たるように、人間の手で移動しています。
葉っぱが、果実に、覆い被さらないように、くるくるの輪を作っている針金とワイヤーで、持ち上げられており、
露地から全く隔離した、水耕栽培の施設です。

イチゴハウス

イチゴは、福岡県ブランドの、「幸の香」、甘くて粒が大きいのが特徴です。
写真のイチゴは男性でも一口で、口に入れるのは無理な大きさです。

ハウスイチゴ

イチゴの花、割と大型で、花径 20 mm くらい有ります。
このハウスのイチゴ棚のイチゴの苗は、花一杯です、シーズンはもう少し先になるとのこと。
各ハウス棟は、時差収穫できるように工夫されているようです。

苺の花

水耕栽培施設

塩ビ管が見えますが、この塩ビ管の中に、管理棟から、肥料(液肥)がポンプで送られてきます。
液肥は、苗の、成長過程により、肥料の種類、肥料の混合比、濃度を管理されております。
管理棟で、管理されている、液肥は、ウイクリータイマーで、定時的に、ポンプで、送られて来ます。
肥料は、ランニングコストの中でも、大きな比重を占めているので、最適な濃度を、管理することで、
最小の、投資で、最大の収穫を得られるような、ノウハウがここに有るのですね。

水耕栽培の場合、流体は常時流して居ますが、こちらの場合、流体の肥料(液肥)は間欠で、
杉と桧のチップを、ウッドチップとして改良を加えた物を開発して居るとの事です、
このチップ材にタイマー制御により濃度調整された肥料(液肥)をパイプで送り込むシステムになっています。

園芸農家さんも、制御装置を含め、費用対収穫の研究に日夜努力され施設の開発まで手がけられているのですね、
この写真では感じませんが、大型の機械があちらこちらと、一寸した工場みたいな雰囲気です。
栽培ベットはこんな造りでした。

イチゴハウス水耕栽培施設

定植時に頻繁に使われる物らしいですが、散水施設の噴霧ノズルです。
水銀灯も各所に付いています。

イチゴハウス散水ノズル

こちらは、一般的な露地栽培のイチゴハウスです。
同じ、山口農園さんのハウスです、中央の道路の南側のハウス、4〜5棟が全て露地栽培のハウスでした。

露地栽培のイチゴハウス

参 考
お尋ねは下記へお問い合わせ下さい。

  • 山口農園 (イチゴ狩り観光農園も同じ)
  • 住所 福岡県宗像市田野
  • 電話 090-4995-1056
posted by ふれあいサロン館 at 08:19| 福岡 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

水門の真ガモ、果たして撮影?

水門の真ガモ、果たして撮影?

水門湖に真ガモの集団が200〜300羽、よーしと思いつくも、コンデジしか持って無く、出たとこ勝負で撮ってみました。
水面に限らず、岸辺にもたくさん確認できます、しめしめと思いつつ、そーっと近づくも、3倍ズームでは遠すぎ、もっと近づく必要が有るが、 ここは河川敷、身を隠す障害物は、全く見あたらず、仕方ない為、身をかがめスローで近づく事を試みました。

敵さんも然る者、近づけば近づいた分離れ、一向に距離は縮まりません、数百羽集団だった鳥が、もう少しもう少しと、追えば追う程、 拡散してしまい、返って遙か水上遠くに遠ざかる羽目になりました。

 

水門湖のカモの集団

慌てて飛び上がる鳥も数羽、これが精一杯。

水門湖のカモの集団

蜂の子を散らすように、コンデジでは、届かぬ距離に逃げられてしまい、惨敗でした。
今日の収穫は、マガモの鳴き声が、予想していた鳴き声と違い「ミーア、ミーア」と、結構うるさく鳴くのを確認できた事位でした。
遙か先に、白、黒く濃い点に見えるのが全てマガモです。見えません?折角見てくれたのに済みません!

水門湖のカモの集団

タグ:真ガモ
posted by ふれあいサロン館 at 08:16| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

快晴の空に連凧

快晴の空に連凧

河川敷公園で、連凧を上げる準備をしている老人を発見、挨拶して見せていただきました。
竹とビニールシートで、自作した凧だと言って自慢げでした。

この場所は愛好家が良くグループで連凧揚げしていますが、自分は、人付き合いが下手で好きでなく、煩わしいので、 何時も一人だそうです、お孫さんを誘ってきたらと水を向けてみたが、小学生時代はついてきたけど、 付き合ってくれなくなったと寂しそうな顔をしていました。
盛んに、凧の説明をしてくれ、材料から色々研究の成果が出ていると、話が尽きません。

連だこ

風が強く、準備に手間取っており、私が手伝おうとする姿が、急がしているように感じたのかどうか、いつもは、9連凧で、 練習するのだけれど、5連凧で、写真撮りなさいと、上げてくれる事となり、上げ始めました。

連だこ

凧糸は、大きめの釣り糸で、巻き取りは、釣り道具のリールを改造して使っており、出した糸の長さまで確認でき、巻き取りは最高と、 満足げな顔で説明されています。

試しに、リールを持たせて貰い、凧揚げ気分を味わいましたが、風が強いので、相当な風力を感じ、糸を引っ張られます。
この程度で驚いては駄目だ、9連凧にすると、倍の風圧を行け、風によっては、踏ん張るのが大変な状態になることもあると聞きました。
久しぶりに童心に返り、楽しませていただきました、別れ際に、風邪引かないよう声掛けたら、見掛けたら、遠慮いらないから、 何時でもいらっしゃいと誘っていただきました。
年の割に元気で、話好きなお年寄りでした。

連だこ

タグ:連凧
posted by ふれあいサロン館 at 10:08| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

暗闇に浮かぶ、山賊村のお城。。。

「下」 暗闇に浮かぶ、山賊村のお城。。。
結婚式出席のため、名古屋市西区まで、行きました。
道中は親戚の、叔父の車に、便乗させて貰い、山口の叔父、広島の叔父の所に、立ち寄ることとなりました。
帰りの道中、広島市から、徳山市へ移動の途中、ここはどこーと、目を見張るような、時代錯誤に、陥りそうな、光景にぶち当たり、 一寸車を止めて貰い、撮ってきました。

名前は判りませんが、大きな、峠を越える途中、頂上付近に、えーっ、お城がと、仰天!、車を止めて貰いました。
お城と言っても、ここのエリア一帯が、戦国時代の、どこかの舞台に、立っているような、時代錯覚を感じさせるような、 山賊村と書かれている、大きなドライブインでした。

これがドライブインの名前みたい。

この一角が、20軒ほどの飲食店があり、炉端焼きのお店の前の、恵比寿様のえびす橋の前の様子です。

時間が遅かったせいか、意外と、お客は少なかったですが、何しろすごいところでした。
徳山市の叔父の所まで、もう少しの所でしたので、缶コーヒーのみ仕入れ、夜食は徳山の叔父の所まで、お預けになり、徳山泊となりました。

posted by ふれあいサロン館 at 07:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

宗像ユリックス ゆうゆうプールは、賑やか!

宗像ユリックス ゆうゆうプールは、賑やか!

宗像市内には、さつき松原を中心に、鐘崎地区、神の湊地区に、海水浴場は、いくつかありますが、市内中心部の、宗像ユリックスの、 広大な、エリアの中に、「宗像ユリックス アクアドーム」・「宗像ユリックス ゆーゆープール」が、下記のようにあります。

「宗像ユリックスアクアドーム」 :  総合フイットネス施設、温水プールは25m7コースと50m2の子供用がある。 プールサイドにバイブラバス、有り、トレーニングジムにはエルゴメーターやスポーツトレッドミルなどある、他にダンススタジオ、 サウナ完備と、設備の整った、施設です。

「宗像ユリックス ゆーゆープール」 :  流水プール、子供プール、スライダープールがあります。

「下」 宗像ユリックス ユウユウプール、夏の太陽と仲良くし、緑に囲まれた小麦色のリゾートで、スキンシップで、 楽しい思い出造りに、一番です。

ユウユウプール

特に夏休み期間中は、連日、大にぎわいで、親子連れ、若者連れ、カップルで、ユリックスエリアの中でも、イベント開催を除けば、 一番活況を呈している、スポットです。

ユウユウプール

市内中心部に、近いため、海水浴場よりも、人気が高いようです。

パットゴルフ場から、ゆうゆうプールまでの生け垣には、小さな白い花の、アベリア、
駐車場の生け垣には、金糸梅 (きんしばい)の、黄色の花が、目立って、咲いており、賑わいに花を添えております。

「参考」 :下記 Link先でご覧下さい。

宗像ユリックス アクアドーム

宗像ユリックス ユウユウプール

posted by ふれあいサロン館 at 08:11| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

楽しそう!!釣り川の潮干狩り

楽しそう!!釣り川の潮干狩り

宗像市の、さつき大橋の下流は、潮干狩り客で、賑わっていました。
潮が、大部満ちているようですが、結構潮干狩り客は多いようです。この辺りは、釣り川と言っても河口に近いため、干満の影響を、 もろに受けます。東岸堤防上は、潮干狩り客の駐車で、大混雑、巻き込まれたくないので、西岸に移動、川幅200mの、堤防上では、 潮干狩り地点とは、距離が相当あるため、さつき大橋の歩道の上の、転落防止、ネットの間から、撮影いたしました。

「下」 釣り川東岸の、浅瀬の潮干狩り客。

潮干狩り

「下」 大部遠目で撮影していますが、子供さん達の、楽しそうな、雰囲気伝わりますか?・・・一寸遠すぎますね。

貝掘り

「下」 同じ地点の、西岸、釣り客ちらほら、こちら側は、小石混じりの川底みたいで、川の流れは、こちら側に偏っています。

魚釣り

本日の満潮時間、11.22、干潮が、18:22とのことで、撮影時間が、15:30頃だったことから、夕方に掛けて、 潮が引く状態だってみたいです、帰りの道路沿いで、数組の、貝掘り支度の、家族連れを見かけたのは、どうりで、これからが、 干潮だったのですね、納得しました。

平均気温が例年より低い低いと、聞いてきましたが、本日は、ひとっ飛びで、初夏の感じで、とても暑く感じました、こうなると、 車の、クーラー無しでは、間に合いません。

気温が上がった勢でしょうか、新緑が、艶やかに感じます、早咲きの、ツツジも、ピークを過ぎた感じだし、川面に映る、雰囲気も、 緑が濃く感じます、畑の、ビール麦の、穂も色付きを感じます、・・・いつも見慣れた光景なのに、体感気温の違いで、 こんなに感じが変わるものですかね!!

お天気も、好天が続くようです、ゴールデンウイークを、どうぞ、お楽しみ下さい!!

posted by ふれあいサロン館 at 08:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

入れ食い

水門近くは入れ食い 状態です。
私は、釣りはやりませんが、私でも、釣れるのではないかと思えるほど、釣れていました。

 

ご覧のような釣果、見ていた5分くらいで、3匹つり上げました。
まるまる太ったフナで20cm位ありそうです、他のバケツには、ボラが、同じくらい釣れていました。

ただ気が付きましたが、水辺の、あちらこちらに、釣り道具、特に、釣り糸の、残骸が、散乱しておりました。
TV等で、鳥が糸に絡んで、ひどい目にあっている様子を見たことがありますが、水辺の動物、水鳥等に、被害を与える危惧を感じます。
一部の、釣り人の、マナーの低さだと思いますが、悲しいことです。

posted by ふれあいサロン館 at 08:59| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

鐘崎港の、昼下がり

宗像市鐘崎港は、福岡県下、1〜2位の、規模を有する、港です。

下関の「天然トラフク」の水揚げ、日本一は皆さん、良くご存じでしょう、その「天然トラフク」の40%が、ここ、 宗像市鐘崎漁港より出荷されているのです、ご存じでしたか??
 ここ玄界灘に面した、鐘崎港、地域振興の一環として、玄海ブランドの推進を図っています。

「鐘崎漁港」の「天然トラフク」の、価値を高め、新たな地域ブランド造りを目指して、鐘崎ブランドの、「玄海とらふく」を、全国へ、 発信しています。宗像市、玄海天然印の魚、「釣りあじ玄ちゃん」、「玄海活イカ」、「玄海トラフク」、「宗像鯛茶」、 海の幸はまだまだ盛りだくさんです。

県下最大規模の、鐘崎港も、日曜日の、昼下がりは、腕自慢の、釣り人、レジャー、カップルの釣り人で、賑わいます。

本日の、釣果は、小アジ、コチ、ふぐ、さよりで、数は釣れていますが、小物ばかりでした。

又ここ鐘崎港は、「海女」発祥の地として有名で、港内グランド内に、「玄海民俗資料館」が有ります、鐘崎へおいでの折は、 一度お立ち寄りおすすめいたします。

▼放送文化基金賞「番組部門」テレビドラマ番組本賞 受賞 NHK福岡発地域ドラマ 玄海〜わたしの海へ〜 の番組の、 モデルの地です。

鐘崎港 はこちらでご覧下さい ⇒ パノラマスライド写真

玄海天然印の魚、 「釣りあじ玄ちゃん」、「玄海活イカ」、「玄海トラフク」、「宗像鯛茶」、はこちらでご覧下さい。

posted by ふれあいサロン館 at 10:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

ジェットスキー 水の中から気にしてました!

当地の、自慢、樹齢200年以上の黒松の並木が5kmにも続く、全国白砂青松100選にも選ばれている松原、「さつき松原」に、 広がる、「さつき松原海岸」と、ここに、流れ込む、水量豊かな、「釣り川」の河口は、マリーンジェット、ジェットスキーの、 メッカとして知られております。

土曜、日曜日には、何10組の、グループが、県内外から集います。

釣り川の河口は、波の影響が無く、初心者向きなのか、若い、女の子の、ジェットスキーの、挑戦を、撮ってきました。

1時間近く見ていましたが、ジェットスキーで、立ち上がるのは、大変、難しいようで、10mと進めません。
浮き上がった瞬間に、バランスを、崩し、ひっくり返る事、何10回と繰り返しておりました。
結構痛い目にあっているんだろうなーと、人ごとながら、心配。

遠いので、細かくは、聞こえませんが、おまえ、もー止めとけ、もっと練習しないと駄目だー、今日は、あきらめよーっと、 勧めているようでした。

女の子、根性があります、もー1っ回、もー1っ回、今度は、立つからっと、懇願しています。

良く聞こえないが、おまえの場合、右足が先だろ・・・とか、左足がどうのとか、足が突っ張っている・・・腰を落として、 膝に余裕を持たせろ・・・とか注意されています、解った解ったの声。


スタート、2m、5m、立ちました、今までは、この瞬間に、ひっくり返っていましたが、今回は、このまま、立ち続け、スキーやっています。

100m、200m、・・・・見る間に、500、1Km位、マリージェットに、同乗の、コーチが、大きな声で、腰がたかーいと、 コーチしています。

上流の、さつき橋、たもとまで行き、ターンしています。

目の前を、通過時、拍手すると、「うまく撮れたー!!?」と、気にしていた様子、やっぱり女の子、水の中から、 カメラを気にしていた様子。

「OK ばっちりだよー」と、返してやったが、言葉のやりとりの余裕はなかった。

この根性を、忘れず、続けてくれれば、きっと、うまくなってくれることでしょう。
一流ジェットスキーヤーを夢見て!!ガンバレーーー。

posted by ふれあいサロン館 at 11:47| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

いこいのさと ”千石峡” レポート 力丸ダム編

いこいの里 ”千石峡” 最終回

いこいの里 ”千石峡” の、水源が、今回の、力丸ダムです。

このダムは、福岡県のダムの中では、決して、大きいとは言えませんが、下記の、貯水量を有します。

力丸ダム 概要

左岸 福岡県鞍手郡若宮町大字雫下
右岸 福岡県鞍手郡宮田町大字宮田
提高 49.6m
提頂長 160.5m
提頂幅 3.6m
総貯水量 13.200.000立方メートル


ダム湖の、本体は、写真の山の向こう側に位置します。
現在の貯水率は、 県庁発表
8月11日現在 46.8%
8月25日現在 37.6%

福岡県から節水のお願いです。
節水は短期間に水資源の確保が出来る効果的な方法です。
できるだけ職場や家庭での節水を心がけて、限りある水を大切
に使いましょう。

節水方法
1.蛇口はこまめに閉める。
2.食器の汚れは落として洗う。
3.洗濯はためすすぎ・まとめ洗い。
4.お風呂の残り湯は掃除・洗濯・庭の散水などに利用する。
(ただし、幼児のいる家庭では浴槽への転落事故に気を付けてくだい)
5.洗車はバケツ洗いに。
6.トイレの流水は1回で。

今回は、お盆休みを、利用した、レジャーで、水資源のことは、頭にありませんでした。
帰り際、足を、伸ばして、立ち寄りましたが、毎年繰り返す、水不足、ここに来て、40%を、切っているのに、気づかされ、節水の、大事さを、心新たに、させられました。

posted by ふれあいサロン館 at 17:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

いこいの里 ”千石峡” レポート X

いこいの里 ”千石峡” レポート X

ふれあいの架け橋の下流に、位置する、千石峡キャンプ村、バンガロー風景です。
トイレ、水道、シャワー、炊事設備、一通り整っていますので、安心です。
キャンプ場利用期間  7月11日〜10月10日



屋外共同炊事施設、こういう施設が、何カ所か点在しております。

キャンプ場利用料金表。見にくい点はご容赦下さい。

上記は、あくまでも、施設利用料金です、千石峡への、一般入場、使用は、無料です。

お問い合わせ先

お問い合わせは

〒823−0011
福岡県鞍手郡宮田町大字宮田29番地1

宮田町役場 商工振興課

  TEL 0949−32−0519
  FAX 0949−32−9430

シーズン期間中の申込先

千石峡キャンプ場管理棟
  TEL 0949−33−1866

花の水辺公園管理室
  TEL 0949−32−3536

 

 

 

posted by ふれあいサロン館 at 08:56| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

いこいの里 ”千石峡” レポート W

いこいの里 ”千石峡” レポート W

ここは、オートキャンプ場の、横の、フリーのテントスペースです。
見ていましたら、テント、ガソリン発電器から、大型バーベキューセット等、すごい機材を持ち込んでいます。
よけいなことかも知れないが、個人のものだとしたら、どれだけ、予算がかかっているのかなーと、つい貧乏根性が、出てしまいます。

テントスペース、、オートキャンプ場は、道路向かい側に、共同炊事設備、シャワー、トイレ等が、準備されていますので、 不自由はありません。

  

残り少なくなった、夏休み、一度、お立ち寄りおすすめいたします。

 

 

posted by ふれあいサロン館 at 10:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

いこいの里 ”千石峡” レポート V

いこいの里 ”千石峡” レポート V

流れの、早い箇所、緩やかな箇所、穏やかなだだっ広い箇所、渓谷の顔は、色々です。

ここの岩場の、急流は、子供さんには、人気のスポットです、結構速い流れの箇所もありますが、親御さんの、心配を、よそに、子供達の、 冒険心は、はやります。

流れの、緩やかな箇所、穏やかなだだっ広い箇所、渓谷の顔は、色々です。
ここは、大部深いようで、飛び込みスポット、直ぐ上流に、橋の上からの、飛び込みスポットがありましたが、尻込みして、モデル不在で、 撮れませんでした。

涼を求めて、パートVでした。

 

 

posted by ふれあいサロン館 at 10:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

いこいのさと ”千石峡” レポート U

いこいの里 ”千石峡” レポート U 穏やかな流れ編 

昨日に続く第2弾、花と水辺の公園キャンプ場のそばです。
オートキャンプ場として、又、テントサイトとしての、区画が整備されていました。
施設は、バンガローの施設、駐車場、トイレ、水道、シャワー、炊事、照明施設等、充実しております。

 

 

posted by ふれあいサロン館 at 14:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

いこいのさと ”千石峡” レポート T

お盆の期間、宮田町の、いこいの里、千石峡に行って来ました。

福岡県内、第二の大河、遠賀川水系の、八木山川の上流で、県内第六番目の、規模を誇る、力丸ダムの下流の、約2kmの間の、笠置山山麓の、谷間を、自然の、水の浸食から、岩床が、削られて、出来た、渓谷美を形成しているのが、ここ、 ”いこいの里 千石峡” です。

両岸には、千石公園をはじめとした、笠木城跡・穂掛神社・キャンプ場・吊橋・青少年野営訓練所や、旅館など、史蹟、施設が、充実いたしております。

千石峡一帯を、自然景観を保全しながら千石公園、花の水辺公園キャンプ場、木立の広場キャンプ場、千石峡キャンプ場などとして整備されております。

ここは、キャンプ場(オートキャンプ施設含む)に、併設されている、別天地、避暑地として、若者に、人気です。

流れの、早い箇所、緩やかな箇所、穏やかなだだっ広い箇所、渓谷の顔は、色々です。ここの岩場の、急流領域は、子供さんには、もっとも、人気のスポットです、結構速い流れの箇所もありますが、親御さんの、心配を、よそに、子供達の、冒険心は、はやります。

大人に比べて、子供達の元気な声、里帰りの、お孫さんなのでしょうか?緩やかな、流れの場所では、小さなお子さん達が、多いです。

参考

いこいの里 ”千石峡” 福岡県鞍手郡宮田町大字宮田2073
千石峡キャンプ場 管理棟 0949−33−1866
花の水辺公園管理室    0949−32−3536

宮田町役場 商工振興課 0949−32−0519

posted by ふれあいサロン館 at 09:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

玄界灘は、波静か、ウインドサーフインは!

鐘崎海水浴場、ビーチから続く、白い砂浜、透明な海、真っ青な空。
そこはもう思いっきりパラダイス!!・・・ジエットスキー・サーフイン・ウインドサーフィン・・・と!!

この時期、ここの海は、かなりの遠浅のため相当沖の方まで行かないと、波が立たない。
9月〜4月の季節風の、強い時期は、結構愛好者も集まるようだが、この時期は、季節風もなく、ベタ凪。

写真は、初心者の、講習なのか、はたまた、昨夜の二日酔いの、影響か?、最初は、よく、海に放り投げ出されを、繰り返していたが、 いつのまにか、上手に波に乗れるようになったように見える。

サーフボードの、白波が見えているところを見ると、沖の方は、思っているより、風があるみたい。

海水浴客も、一時に比べれば、かなり、少ない感じ、少し、遠慮しながら、こっそりパチリ。
そういえば、セミの声も、一時の、うるささは、なくなったかなーー!と言う感じもする。
暦の上では、立秋とのことだが、それでも、あ・つ・い、せめて、熱帯夜から解放されたい。

「残暑お見舞い申し上げます」

posted by ふれあいサロン館 at 11:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

夏本番、水辺の、元気な子供達!

夏本番、当地も、連日の、35度に迫る、うだるような、暑さです。

夏は、やはり、水辺が人気、近所の、水辺の元気スポットを撮ってきました。

「宗像ユリックス屋外ユーユープール」

アクアドームの、奥にある、ゆーゆープールは、屋外プール、流水プール、子供プール、スライダープールがあります、 特に夏休み期間中は、連日、大にぎわいで、親子連れ、若者連れ、カップルで、ユリックスエリアの中でも、イベント開催を除けば、 一番活況を呈している、スポットです。

同じく、「芝生公園内」

緑の、ジュータンの、30.000mの芝生広場、澄んだ青空の下で、遊んだり、せせらぎの音をBGMに、 フアミリー、子供会の皆さんが、のんびり過ごしておられました。
青空の下、宗像のシンボル、4塚連山をバックに、のんびりピクニック気分を味わっています。

芝生の中にも、水辺もあり、湧出井戸からの湧出量も、豊富で、小さなお子さんの、格好の水遊び場となっています。

関連記事 

宗像ユリックス 関連施設 はこちらから。

 
posted by ふれあいサロン館 at 10:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。