2009年01月26日

芙蓉片喰(フヨウカタバミ)/オキザリス

オキザリスの仲間の中でも、気品があって、ふくよかな感じがするのが、芙蓉片喰(フヨウカタバミ)
花径は5〜6cmと大きく、冬から春にかけて、スクリュウを思わせる花を咲かせます。
オキザリスは種類が多く、夏に休眠する種類、更に冬に休眠する種類が有るらしく、
写真のオキザリスは、オキザリス・プルプレア種で、夏に休眠する種類です。

芙蓉片喰

 

 科   名  酢漿草(かたばみ)科  
  • 写真は、オキザリス・プルプレア種
  • 葉はクローバーのような3枚葉で小葉は円形から倒卵形
  • 花は午前中に咲く、雨が降ったり曇天や夜間は閉じる
  • 茎や葉は蓚酸(しゅうさん)を含む
  • 英名 オキザリス
 属   名  カタバミ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  多年草
 開花時期  3月〜5月
 樹高・草丈  10cm〜20cm
 花序・花径  30mm〜60mm前後
 花   色  白、紅、赤、黄、紫、橙
 花 言 葉  輝く心
 撮影月日  2009.1.18
 撮影場所  宗像市内 庄助ふるさと村苑内

 

 

芙蓉片喰

花弁の渦巻き状の様子が観察出来ます。

芙蓉片喰

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 18:33| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は
オキザリス・プルプレア種は夏に休眠して冬に開花する珍しい花なのですね。
初めて見せて頂きました。
有り難う御座います。
Posted by chiharu at 2009年01月27日 19:56
chiharuさん、今晩は、

オキザリスは種類も多く、なかなか区別は難しいですね、
何時でも咲いているように勘違いをさせられていましたが勉強になりました。
有り難う御座いました。
Posted by ふれあいサロン館 at 2009年01月29日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113202624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。