2008年12月28日

ピラカンサスの実

5月初旬の頃、白い花を咲かせるピラカンサスですが、初冬になると真っ赤な実を付け、大変目立つ存在となります。
花の頃よりこの実の方が、知名度が高く良く知られております、
鳥の餌に成らずに、良く育っております。

ピラカンサスの実

 

 科   名  バラ科
  • ピラカンサスは花より、実の方が良く知られています
  • 初冬以降の、赤と黄色の実は、とても美しい
  • 果期 10月〜1月
 属   名  トキワサンザシ属
 原 産 地  中国、ヨーロッパ
 植物分類  耐寒性常緑低木
 開花時期  4月〜5月
 樹高・草丈  Max 3m
 花序・花径  凡そ 5mm
 花   色  白
 花 言 葉  燃ゆる想い、快活
 傷つけないで・慈悲
 撮影月日  2008.12.20
 撮影場所  宗像市内

 

ピラカンサスの実

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 08:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111817544
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。