2008年09月24日

紫式部(むらさきしきぶ)/白式部 (しろしきぶ)

紫色の優美な美しさ、
紫式部、コムラサキで連想するのは、紫色に艶やかに光る、高貴な雰囲気を漂わせる実です。
優美な、実の美しさで知られ、その紫の実の優雅さは、万人が認めるところです。

紫式部と、コムラサキの、区別は難しいですが、次のように言われます。

  • 紫式部 ・・・やや大型(樹高が高い)、実は大きめで、比較的バラバラにつける。
  • 小紫 ・・・・・やや小型(樹高が低い)、実は小さめで、枝に沿って、ビッシリつけます。

 

ムラサキシキブと言う、優雅な名前は、秋に、熟する、紫色の果実から来ています。
一般に紫式部として、栽培されているのは、紫式部で無く、コムラサキの場合が多いそうです。
花の付き方、果実の付き方、色合い等々、コムラサキの方が、見映えが、格段に良く、
鑑賞価値が高い所から、 こちらを、紫式部と呼ぶ、暗黙の取り扱いが、慣習になっているそうです。

紫式部

別の場所の紫式部の実

紫式部

 

科  名 : 熊葛(くまつづら)科 属  名 : ムラサキシキブ属 原  産 : 日本、中国、
: 朝鮮半島
植物分類 : 落葉広葉低木 樹高・草丈 : 2m〜3m 開花時期 : 花 6月〜7月
: 実 9月〜10月
花  色 : 淡紫色、白 花径・房径 : 2mm〜3mm
: 復散花序 約 7mm〜8mm
花 言 葉 : 愛され上手、上品、
: 聡明な女性
撮影月日 : 2008.9.21 撮影場所 : 宗像市内 庄助ふるさと村園内



  • 山野などに生える、
  • 紫色の実の清楚な美しさは見事な見栄え、
  • 果実の、姿を美しさを紫式部 に見立てたもの、
  • 6月〜7月頃、対生した葉 腋から集散花序、淡紫色の小さな花を咲かせます、
  • 9月中旬頃、淡紫色、白のまん丸い艶やかな実を枝一杯に付けます、
  • 黄色い葯のついた雄しべ、
  • 初秋の頃から、球形の紫色の果実を熟します、

 

紫式部

下 白式部 (しろしきぶ)/紫式部(白色)
紫式部・小紫の品種で、実が白いものを白式部と呼びますが、両方を同じ扱いで呼ぶことも多い様です。
写真撮影中に、中年の女性のグループ五人が通りかかり、花の名前を尋ねられましたが、
同じ場所の直ぐ側で見られる、紫式部・白式部ではありますが、
色合い、艶やかさから、紫式部を見られての感嘆の声が圧倒的でした。

下 紫式部の花、花は2mm〜3mm、復散花序 約 7mm〜8mmと超ミニサイズ、
花が咲いていても、よほどしっかり見ないと見落としそう、実に比べると、影が薄い花ですが意外と綺麗。
撮影 2007.7.10 UP分

紫式部の花

撮影 宗像市内

ラベル:紫式部 白式部
posted by ふれあいサロン館 at 07:09| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふれあいサロン館さん 今晩は
紫式部も白式部も見事なものです。
紫式部のあの小さな花を此処まで拡大して見せて頂き別の花ような感じに見えてしまいます。
素晴らしい拡大写真を見せて頂き有り難う御座います。
Posted by chiharu at 2008年09月24日 18:37
chiharuさん、お早う御座います、

紫式部は、艶やかな色合いがアピールするのでしょうね、
女性のグループの5人組が初めて見たとオーバーに喜んでいました。
どうも有り難う御座いました。
Posted by ふれあいサロン館 at 2008年09月25日 07:54
はじめまして

アチコチ、ブログ覗かしてもらっています。
コメ残していきますです。
Posted by アク at 2008年10月04日 00:18
アクさん、お早う御座います、

初めまして、
アクさんのBlogへ、2度尋ねましたが下記のようなエラー表示されます、

存在しないブログIDです
ご指定のURLはアメブロ未開設、誤ったURL、または既に退会処理をされたURLです。
再度URLをご確認ください。

以上の様にURLが間違っているみたいです、又ご縁がありましたら宜しくお願いいたします。
Posted by ふれあいサロン館 at 2008年10月04日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。