2008年12月31日

小菊

大晦日を迎えることとなりました。
皆様には、この一年間大変お世話になりました、心よりお礼申し上げます。
どうぞ、良いお年をお迎え戴きたいと存じます。

小菊 品名不詳に付き小菊とさせていただきました。

小菊

小菊

撮影 宗像市内

ラベル:小菊
posted by ふれあいサロン館 at 08:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

クロガネモチの実、権萃(ごんずい)の実、柾の木?

クロガネモチの実、
木は大型の木ですが、木の大きさの割に、実は案外小さく、真っ赤な実がびっしりと付いております。

/media/img_20081230T074913484.jpg

権萃(ごんずい)の実 皮が真っ赤、実は真っ黒、コントラスト良く目立ちます。

/media/img_20081230T074916109.jpg

こちらは、柾(まさき)の実?
柾の木だと思っていましたが確定できません、違っているかも知れません。

柾(まさき)の実

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

韮の実、薮蘭の実、ナンキンハゼの実

韮の実

韮の実

薮蘭の実 この時期ほとんどの実は真っ黒の艶のある実ですが、
未だ成熟しておらず、緑っぽく黒光りしている実も見られました。

薮蘭の実

ナンキンハゼの実

ナンキンハゼの実

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:48| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ピラカンサスの実

5月初旬の頃、白い花を咲かせるピラカンサスですが、初冬になると真っ赤な実を付け、大変目立つ存在となります。
花の頃よりこの実の方が、知名度が高く良く知られております、
鳥の餌に成らずに、良く育っております。

ピラカンサスの実

 

 科   名  バラ科
  • ピラカンサスは花より、実の方が良く知られています
  • 初冬以降の、赤と黄色の実は、とても美しい
  • 果期 10月〜1月
 属   名  トキワサンザシ属
 原 産 地  中国、ヨーロッパ
 植物分類  耐寒性常緑低木
 開花時期  4月〜5月
 樹高・草丈  Max 3m
 花序・花径  凡そ 5mm
 花   色  白
 花 言 葉  燃ゆる想い、快活
 傷つけないで・慈悲
 撮影月日  2008.12.20
 撮影場所  宗像市内

 

ピラカンサスの実

撮影 宗像市内

ラベル:ピラカンサス
posted by ふれあいサロン館 at 08:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

柾(まさき)の実

葉が分厚く、初冬の頃、オレンジ色の実をつける柾の木は、熟すと実が裂けて、濃赤橙色の種子を覗かせます。
庭木や、生け垣に良く使われる木で、良く知られておりこの時期良く見掛けます。
柾の木だと思いましたが、写真の葉っぱは丸っこく、柾の葉っぱはもう少し長く尖っているようでもあり、
間違っているかも知れません。

柾(まさき)の実

 

 科   名  錦木(にしきぎ)科
  • 実はMax10mm程、
  • 淡紅色、
  • 熟すと3裂〜4裂に裂け、
  • 濃赤橙色の種子を覗かせます。
 属   名  ニシキギ属
 原 産 地  日本(北海道南部以南)、朝鮮半島、中国
 植物分類  常緑低木
 開花時期  6月〜7月
 樹高・草丈  2m〜6m
 花序・花径  5mm〜8mm
 花   色  黄緑色から緑白色
 花 言 葉  厚遇
 撮影月日  2008.12.20
 撮影場所  宗像市内

 

葉っぱには浅い鋸歯を持ち、先端が丸い。

柾(まさき)の実

ラベル:柾(まさき)
posted by ふれあいサロン館 at 08:22| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

X_Mas キャンドルナイト

恒例の宗像市 グローバルアリーナ アメリカンガーデンでX_Mas キャンドルナイト開催中です、
受験合格祈願、恋愛成就、病気全快、景気回復、就職祈願・・・等々、願い事、メッセージをキャンドルに秘めて、
冬の夜空に願いを込めたキャンドルの幻想的な灯りが灯ります。

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

宗像ユリックス X_Masむなかた友遊フエスタ2008、「光の光輪祭」

恒例の、宗像ユリックス X_Masむなかた友遊フエスタ2008、「光の光輪祭」が開催中です。
21日から始まっているイベントですが、市民活動交流館(メイトム宗像)との交流の道が、
竹灯簾でライトアップされ、芝生広場に冬の花火が上がります。
本館正面玄関前広場、プラネタリューム、芝生広場、市民活動交流館ステージでは、連日各種のイベントが目白押しで、
会場では多くの観客で賑わっておりました。

17:00から点灯の楽しみは、巨大X_Masツリー、X_Masオブジェ、メタセコイヤ並木道のイルミネーション
小さなお子さんから、恋人同士とおぼしきカップルまで、組み合わせは色々、光の芸術が心をいやします。

宗像ユリックス本館前の巨大X_Masツリー

宗像ユリックス巨大X_Masツリー

下2枚 一般参加のX_Masオブジェ 宗像市長賞、特別賞・・・等等の受賞作品がたくさん展示されています。

アクアド−ム前の、メタセコイヤ並木道のX_Masイルミネーション この場所は高台のため遠くからでもよく見えます。

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:50| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 企画、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

アロエ

健康食品で、お馴染みのアロエは、普通観賞用に栽培されるものは木立ちアロエと言われ、
茎が伸びて立ち上がり、特徴有る朱赤色の花を咲かせ大変目立つ花です。
アロエの種類は500種類近くあり、国内で栽培されている種類は、キダチアロエとアロエベラの種類が多いそうです。
良く栽培されているアロエの中でも一番薬効が期待できるアロエは、キダチアロエと言われ、
キダチアロエの事を、別名「医者いらず」とも呼ばれる位、民間療法に重宝されているようです。

アロエ

 

 科   名  百合(ゆり)科
  • 葉は灰緑色、サボテンみたいな肉質で縁にギザギザの鋭い棘
  • 花茎を伸ばして頭頂に穂状花序
  • 朱赤色の花
  • 健康食品として利用されている
  • 成人病や慢性病にも効果が有り
  • 整腸や胸やけ、やけどに効能有り
  • 美肌効果を目的とするスキンケアとして利用
  • 消炎作用がありニキビ等の炎症を抑え新陳代謝を良くする効果
  • アロエシャンプー、アロエボディーシャンプー等も見掛けます
  • 葉の外皮は苦味が強いが、葉内部のゼリー質は苦味はない
  • アロエベラ種の外皮を剥いたゼリー質は刺身とか食用に利用
 属   名  アロエ属
 原 産 地  アフリカ、マダガスカル
 植物分類  半耐寒性、多肉植物
 開花時期  12月〜3月
 樹高・草丈  1.5m前後
 花序・花径  穂状花序 20cm前後
 花   色  朱赤色
 花 言 葉  健康、信頼、万能
 撮影月日  2008.12.21
 撮影場所  宗像市内神の湊

 

アロエ

撮影 宗像市内

ラベル:アロエ
posted by ふれあいサロン館 at 07:41| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

追い出し猫?って、猫ちゃんに関わる縁起物のお話です、

ここ福岡県の宮若市では、伝統にちなんだ「追い出し猫」と言う縁起物で村おこしで話題になっております。

表はギョロリと睨み、手に持つほうきで災いを追い出し、
裏はニッコリと微笑んで幸福を招く、
表裏一体のつくりの、古くから伝わる民話「追い出し猫」に登場する猫をモチーフにした
愛らしい猫の人形が地域の特産品として広く親しまれています。

県道30号の直方・福間線沿いにある、宮若市の、JR九州のバス停、通称「猫の駅」ここが舞台となります。

400年以上も昔のこと、ここ福岡県宮若市に西福寺(今は福岡県宗像市野坂に移転)というお寺があり、
たいそうネコ好きな和尚さんが住んでいました。
あるとき、そのお寺に一匹の大ねずみが住み着き、近隣を荒らし回り、
とうとう和尚さんを襲ったり、危害を加えるようになり、あたり構わず荒らし回ったり、大暴れ、
これを見かねた寺の飼いネコは、何百匹もの近隣の仲間のネコを呼び集め、
大ねずみとすさましい戦いを繰り広げました。
翌朝、和尚さんが目にしたものは、最後を遂げた忠実なネコ達と退治された大ネズミ、
和尚さんは、このネコ達を哀れんで、猫塚を作って丁寧に供養しました。
今でもこの宮若市が豊かなのはこの猫たちのお陰と語り継がれているそうです。
「宮若市追い出し猫パンフレットより転載」

宮若市観光協会では、民話に基付いた猫塚公園を整備し、猫をモチーフにした、人形を地元特産品として
地域のマスコット的存在として追い出し猫の振興を計っております。

下 猫塚公園バス停 一寸珍しい猫型バス停

猫塚公園

下 猫塚 供養された猫たちの猫塚

猫塚

下 「追い出し猫」伝説にちなんだ縁起物。
表はギョロリとにらみ、手に持つほうきで災いを追い出し、
裏はニッコリと微笑んで幸運を招く表裏一体のつくりです。
上記表・裏が一体となっています、横から見た縁起物の追い出し猫のモニュメント。

怒った顔を前に置くのが基本のようです。
三毛猫、黒ぶち、シマ模様など、それぞれ個性的な表情猫のマスコット、
大きさも、特大(50cm)から土鈴のマスコット(5cm)まで、19種類くらいの縁起物として販売されています。
また、第12回ニッポン全国むらおこし展特産品コンテストで全国商工会連合会 会長賞を受賞しています。
お土産、開店祝、新築祝、合格祈願などに縁起物として人気です。
マスコット(5cm 土鈴)630円〜
特大桜ちゃん(50cmシール、座布団、木札付き)31500円で
観光協会、土産店、市内主要施設で、販売されているようです。

表側 (追い出し猫の表情 ホウキを持っています) 裏面 (招き猫の表情)

下 追い出し猫の説明パネル
宮若追い出し猫振興会
お問合せ/電話 0949-55-9090(宮若市観光協会)

宮若市の現在の産業は、トヨタ九州を中心とした自動車関連企業が立地し産業が活発な緑豊かな都市です。

ラベル:追い出し猫
posted by ふれあいサロン館 at 07:53| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 特産品・名産・お土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

風船唐綿の繊毛の飛び立ち

風船唐綿は、晩秋から初冬に掛け、丸い袋状の実が膨らみ、表面に柔らかいトゲを持った実が実ります、
その実が熟れると、パチンと弾け白い繊毛状の、羽をつけた黒い種が、見られるようになります。
この繊毛状の種は、タンポポのように、優雅に風に乗って旅立ちます。
風船唐綿の実 棘が全体にありますが、棘は柔らかく刺さるような堅さではありません。

風船唐綿

 

 科   名  蘿いも(ががいも)科 風船唐綿の花 撮影 2008.9.12
風船唐綿の花
 属   名  フウセントウワタ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  常緑小低木
 開花時期  8月〜9月
 樹高・草丈  Max 2〜3m
 花序・花径  約 10mm
 花   色  淡緑白色(花)
 花 言 葉  多忙、かくされた能力
 撮影月日  2008.12.20
 撮影場所  宗像市内



  • 風船のように膨らむ植物として、唐綿、風船カズラと共に、知られております、
  • 花よりも、特徴の有る実の方が、知名度が高いかもと思います、
  • 高さはそれほど大きくなくMax 3m位、
  • 葉は、線状、対生します、
  • 星型の白い花を咲かせますがあまり目立ちません、
  • 晩秋には球状の実が熟し表面にはやわらかい棘が生えています、
  • 実は初冬に熟し弾けて白い綿毛のある種子が飛び出します、
  • タンポポの様に風に乗って飛んでいきます
  • 和名 「ふうせんだまのき」

 

「下」 風船唐綿の実が熟れてパチンと弾けると、中から黒い種を抱いた繊毛の羽をつけた黒い種が現れます。
この繊毛は、タンポポと同じように、風に吹かれてふわりふわりと優雅に風に乗って飛んでいきます。

風船唐綿

「下」 風船唐綿の種の飛び立つ寸前の姿、黒い種を抱え、風に乗って、ふわり、ふわりと飛び立ちます。

風船唐綿

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 19:54| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

光岡天満宮の天然記念物の大楠

当地の市政便りの記事の中に、歩こう会の勇士42人が集い、
10月の歩こう会のコースで、光岡天満宮の天然記念物の大楠に、立ち寄った写真が掲載されておりました。
案外近くに天然記念物クラスの大楠があるのを知らず、感化を受け早速行ってみました。
国道3号線、光岡交差点よりほど近い、北側にこんもりした森が、光岡八幡宮でした。

これが天然記念物の大楠 比較対象物がないため、大きさが表現できません。
風邪が強く、気温6℃の大変寒い日だったため、参拝客もなく、境内で出会ったお客は3組のみで貸し切り状態です。

光岡天満宮の大楠

根っこがむき出しており、この根っこの部分の高さだけでも2m以上有ります。
この前に42人が並んで撮影していたことから可成りの大きさです。
ちなみに大楠は
樹齢  凡そ500年  根回り 24m  樹高 30m  枝張り 東西42m  南北43m

光岡天満宮の大楠の根っこ

社殿前の広さの制約、及び近くの木の障害で、遮ぎられ全体像は、これが精一杯です。

楠の木は、楠(くすのき)科、クスノキ属で、暖地に野生する常緑喬木、日本の産する樹木中最大の木です。
神社寺院で多く見掛け、病害虫に強く、寿命も長く巨木の木が多いのが特徴です。
枝や葉に樟脳の香りを有し、樟脳油を採るほか、家具や細工物に利用され、
アゲハ蝶の幼虫はこの木の葉っぱを、好んで餌とする様です。
宗像市内には、他に福岡県指定天然記念物に指定されている、楠の木は2本有り、
ちなみに「宗像市の木は、楠の木」です。

光岡天満宮の大楠

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:48| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

鬼灯(ほおずき)の実

鬼灯(ほおずき)の実 8月の頃には、袋になっていましたが、編み目に変わっています。

鬼灯(ほおずき)の実

こちらは8月5日撮影の、鬼灯(ほおずき)の実。

鬼灯(ほおずき)の実

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:44| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ゼラニューム

宗像市庄助ふるさと村園内 花ハウス中央通路のゼラニューム、この花はいつ見ても開花しています
ハウス内とは言え、12月に入った今朝の気温3℃とはいえ、ハウス内は、ぽかぽか陽気、背中が汗ばむ感じ、
寒い外に出るのが気が進まず、職員の方のポット植の作業を眺めたりして暫く時間を潰しました。

ゼラニューム

色彩も色々

ゼラニューム

ゼラニューム

ゼラニューム

撮影 宗像市内

ラベル:ゼラニューム
posted by ふれあいサロン館 at 07:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

真弓の実、檜扇(ひおうぎ)の実、丸葉萩の実?、芙蓉の種

新築改装が成った、宗生寺境内、
めっきり花の数が少なくなりましたが、花後の実をいくつか撮ってきました。

真弓の実

真弓の実

檜扇(ひおうぎ)の実

檜扇(ひおうぎ)の実

丸葉萩の実?

丸葉萩の実

芙蓉の種

芙蓉の種

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:54| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

アブラカム、パンジー、初恋草、石竹

宗像市庄助ふるさと村 温室内の花、散水直後の様で、水玉がたくさん残っていました、
もう少し観察してみたら面白い写真が撮れたかもと思いますが、単純に撮ってしまいました。

アブラカム

アブラカム

パンジー

パンジー

初恋草

初恋草

石竹

石竹

posted by ふれあいサロン館 at 07:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

山茶花(さざんか)

国道3号線のドライブイン、「英ちゃんうどん」の駐車場斜面の山茶花。
この斜面の上が、大型団地の一角に近い勢でしょうか、騒音防止の効果を狙っての植樹のようです。

山茶花(さざんか)

一重咲き紅花種。

山茶花

これは八重咲きの白花種 白花種は八重咲きばかりでした。

山茶花

撮影 宗像市内

ラベル:山茶花
posted by ふれあいサロン館 at 07:46| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

うちわサボテンの実?+紫御殿

うちわサボテンの実?
駅前通のバス停近くの植え込みに、見慣れぬ姿の花に気が付き、車から降りて行ってみました。
植え込みには、うちわサボテンと紫御殿の、思っても見なかった取り合わせで、とんだ見込み違いでしたが、
紫御殿は、夏の時期に咲く花ですが、この時期には珍しい花なので撮って来ました。

紫御殿

これはうちわサボテンの実でしょうか?

うちわサボテンの実

紫御殿 この植え込みには、双子タイプの花が半分くらいの割合で花を咲かせております。

紫御殿

紫御殿

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:48| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

チャペルの花

色とりどりの花々と水のせせらぎが二人を迎える、ガラス張りの白亜のチャペル。
近所の結婚式場を、一寸覗き込み、幸い結婚式は行われて無く、無人状態だったため、
無断でこっそり、チャペル内に入り、花のトンネルを撮らせてもらいました。
了解いただいて撮れば良い物を、無断で入っているため、落ち着いて撮る勇気がありませんでした。

チャペルに定番の花なのでしょうか?、花の名前は判りません。

撮影 宗像市内

ラベル:チャペルの花
posted by ふれあいサロン館 at 07:34| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 花・木・草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

蝉の抜け殻、蝶(ウラナミシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ)

蝉の抜け殻
今更蝉でも有るまいがと思いましたが、我が家の庭のナンテンの木に蝉の抜け殻が残っておりました。
あまりにもリアルで、脱皮直後のように見え艶々しております、
夏以降全く気が付かず、良くも数ヶ月の間、風雨に耐え現状を保った物と感心しております。

蝉抜け殻

蝶(ウラナミシジミ) 蝶の名前はあやふやです、間違っている場合は悪しからずご容赦を。
2cm足らずの小さな蝶です、一時もじっとしていません。

蝶(ウラナミシジミ)

蝶(ベニシジミ)
こちらも、2cm足らずの小さな蝶です。

蝶(ベニシジミ)

蝶(モンシロチョウ) モンシロチョウも、今シーズンこれで見納めかも知れません。

蝶(モンシロチョウ)

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 07:52| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

鐘崎港の野鳥(ウミウ、トンビ、カモメ)

ウミウ こちらは鐘崎港外の岩場のウミウ、羽を広げて日光浴?
天候不順と寒波が続きましたが、久しぶりの好天気、仲むつましく気の休まる昼下がりの様です。

ウミウ

トンビ

トンビ

カモメ カモメの種類は不明。

カモメ

カモメ 港内のカモメ、盛んに餌をつついているように見えますが、ビニール状の浮遊物のようです、
ひどい目に会わないよう願うばかり。

カモメ

撮影 宗像市内

posted by ふれあいサロン館 at 08:00| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。